時給の相場

コールセンターでのバイトは高時給である。バイトを探す際、必ず、目にする文言になります。なぜ、コールセンターのバイト時給が、高い設定になっているのか、ご存知でしょうか。
理由は、大きく分けて2つあります。

時給の相場まず、一つ目ですが、コールセンターでのバイト勤務は、入社してすぐ研修を行いますが、研修時は楽しく勤務できていても、いざ、勤務が始まると、電話を受けるのが怖くなり、急に辞めてしまう人も少なくありません。辞めてしまった人の後任を急ぎ補充するには、高時給を目当てにバイトを探す人を急募しなければならないという事情があるからになります

二つ目は、パソコンに入力する勤務になりますので、高いタイピング技術が求められる場合が多く、それだけのスキルを持った方を募集するにともない、高時給にての求人となっていることが考えられます

ちなみに、コールセンターでのバイト時給の相場は、エリアによって異なりますが、関東近郊では1100円から、受信業務のみでは900円から、発信業務では1300円からとなっております。発信業務の場合には、歩合制を採用している企業も多く、その歩合がプラスされれば、時給1500円を超え、週3日一日5時間の勤務でも、毎月10万円の給料を得ることも難しくありません。気になる方は、コールセンターの求人

身につくスキル

バイトと言っても、コールセンターでは、様々なスキルが身につくことをご存知でしょうか。

まず、当然のことですが、電話対応に自信がつきます。ネット時代と言われて久しいですが、すべての対応をメール等で行っている会社はないと言っても過言ではありません。急ぐ場合、または、文章では説明しきれないこと等に関しては、やはり電話が活用されております。特に、初めて話す相手先の方に良い印象を与えられることは、業務を進める、また、相手先との人間関係の構築においても、プラスに働くのではないでしょうか。

コールセンターでの業務次に、仕事に向き合うプロとしての意識改革につながります。コールセンター業務は、単なるバイトだからといった甘えは通用しません。相手の顔、表情が見えない中で対話するテクニックは、一長一短で身につくものではありません。

最後は、パソコン業務のスキルアップにつながることです。コールセンターでの業務は、パソコンに向かい、その人のペースで仕事ができるという、個人主体の業務内容になります。顔の見えないお客さまとの対応には、ある一定の集中力が必要になりますが、それと同時に、パソコン業務にも精通していなくてはなりません。特に、ブラインドタッチが苦手な方には、勉強できる場としては、最適な職場となっているのではないでしょうか。

子育て中も安心

コールセンターでのバイトは、高時給、勤務時間が自由に選べる、服装自由、短時間でも可能、残業がほどんどなく定時に帰宅できる等のメリットがあります。正社員と違い、バイトの場合はシフトが組まれ、そのシフトに沿って勤務しますので、ほかの予定が立てやすく、ダブルワークがしやすいのも、人気の一つとなっております。

タイムカードでは、コールセンターでバイトする方の一日の流れを見てみましょう。朝9時から17時までの勤務とします。出勤したらタイムカードを押し、指定された席に座り、自身が操作を行うパソコン、イヤホン、資料等の準備を行い、勤務開始時間を待ちます。営業が開始されれば、お昼休みの時間まで、電話の受信に対応します。お昼休憩をとった後は、再び、席に戻り、勤務開始の時間を待ちます。勤務するコールセンターにもよりますが、途中、15分程度の小休憩がある場合は、疲れた目、体を癒し、席に戻ります。そのまま、退勤時間の17時まで勤務を行い、タイムカードを押して帰宅となります。何のトラブル、クレームもなければ、ほぼ退勤時間に帰宅することができますので、小さいお子さまをお持ちの方でも、無理なく勤務することができます。また、ある程度の人数が確保されておりますので、急な不幸、病気、ケガ等で勤務を休んでも、大きな迷惑をかける心配もありません。

コールセンター業務

テレフォンオペレーター高時給のオフィスワーク系バイトと言えば、コールセンターが有名です。コールセンターでのバイトといっても、ただ、電話を受けるだけではありません。勤務先の業務内容により、テレフォンアポインター、テレフォンオペレーター、テレフォンマーケターの3つに分けることができます。テレフォンアポインターはテレアポと略され、発信業務、いわゆるアウトバウンドになりますので、こちらからお客さまに電話をかけ、商品等の説明、販売を行います。 テレフォンオペレーターはテレオペと略され、受信業務、こちらはインバウンドと言われますが、主に、お客さまからの商品の問合せ、受注業務を行います。最後は、テレフォンマーケターになりますが、テレマと略されます。受信発信業務になりますので、お客さまに電話をかける、お客さまからの電話を受けて対応する業務を行います。

コールセンターでのお仕事は、電話をかける、受けるだけのバイトではありません。電話は、直接相手の顔を見て対応する場合と異なり、顔の見えないお客さまとの対応になりますので、対応時の話し方、伝え方には、十分に気をつけなければなりません。

特に、商品を販売する企業でのテレフォンオペレーターとしての受信業務は、商品を購入する、もしくは購入したお客さまからの電話を直接受ける部署になるため、あなたの対応が会社の対応となる場合もあります。バイトするにあたり、電話対応に不安がある方は、十分な研修期間が設けられている企業を選び、応募されることをおすすめします。